孝明天皇とは 終始「攘夷」を望んだその生涯と毒殺説


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 孝明天皇(こうめいてんのう)は、天保2年(1831年)6月14日に生まれた。
 父は先代となる仁孝天皇でその第四皇子、母は正親町雅子(新待賢門院、藤原雅子)。

 1846年、父・仁孝天皇が崩御し、第121代天皇に即位した。

 1847年、御所の建春門外に公家の学問所が設立されると「学習院」(京都学習院)と名付ている。

 しかし、日本近海に度々外国船が現れる時代となっており、1853年にはペリー提督が率いる黒船来航となった。

 その為、孝明天皇は、徳川幕府に対して異例と言える外国船に関する勅書を出し、海防強化と外国船の状況報告を求めるなど、一貫して開国に反対して「攘夷」を望んだ。

 これに対し、大老・井伊直弼は朝廷の許可なしに、日米修好通商条約は結ぶなどした為、不信を示すなど、攘夷派を勢いづける。

 その為、攘夷派と幕府派は京都の街で対立した事もあり、治安維持を行った京都守護職である会津藩主・松平容保へ厚い信任を示すなどしている。

 桜田門外の変で、井伊直弼が横死すると、幕府は公武合体策を目指し、老中・安藤信正久世広周は、皇妹・和宮と徳川家の将軍・徳川家茂との婚姻を要請すると、孝明天皇は攘夷実行を条件に承認して協力した。

 そして、第二次長州征伐の勅命を下すなどしたが、公武合体策は大久保利通西郷隆盛らも反対を唱え、坂本龍馬が仲介した薩長同盟により薩摩藩は出兵を拒否している。

 その後、1866年12月25日に崩御。宝算36(満35歳没)であった。

スポンサーリンク


孝明天皇暗殺説

 僅か35歳で急死した孝明天皇の死因は、天然痘と診断されたが、その死因については急すぎる事から暗殺説もある。

 実際に孝明天皇は長年、悪性の痔(脱肛)に悩まされていたが、それ以外においては至って壮健であった。

 1866年12月11日から風邪気味であった孝明天皇は、12日に発熱すると以後回復の兆しなく、16日からは天然痘を疑って、15名の医師団による治療が24時間体制で行われた。
 その結果、24日までは順調に回復する傾向にあり、25日の昼もちょっと食欲が出たとある。
 その後、急に悪化して血便を何度も洩らして苦しみ、午後23時過ぎに崩御されたのである。

 このように回復傾向であったのにも関わらず、急激に悪化し崩御されたことから、ヒ素による毒殺と見る説もあり、岩倉具視と大久保利通が黒幕だとする見方もある。

 また、典型的な脚気で、ビタミンB1欠乏により全身がだるくなり、急激に心肺停止を引き起こしたとも考えられる。

スポンサーリンク


関連記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク
ページ上部へ戻る