タグ:民権運動

  • 田中正造と足尾銅山鉱毒事件

    田中正造は、1841年、安蘇郡小中村(現栃木県佐野市小中町)の名主・田中富蔵の家に生まれた。母の名はサキ。幼名は兼三郎(かねさぶろう)。 儒家・赤尾小四郎の塾で学び、17歳で父の跡を継いで小中村の名主となると、23歳の…
  • 福田英子 女性解放運動の先駆者

    岡山藩の武士である景山確(たかし)の娘(2女)として、岡山の野田屋町にて1865年11月22日に生まれた。母の名は楳子(うめこ)。 旧姓は景山英子。 当時の景山家は池田家の家老に仕える下級武士で、17俵2人扶持で、景…
  • 桂太郎~日本の近代史において大きく関わった陸軍ばたけの元長州藩士

     桂太郎(かつら-たろう)は、萩城下の平安古にて、1847年11月28日に生まれた。  父は、長州藩士・馬廻役(上士)の桂與一右衛門(125石)で、その嫡男。名は清澄、号は海城、幼字を寿熊・左中と称した。  母は長州…
  • 佐藤彦五郎(詳細版) 幕末に新選組を支援した日野宿の名主

     佐藤彦五郎(さとう-ひこごろう)は、多摩の日野本郷名主である下佐藤家・佐藤半次郎の嫡男として、1827年9月25日に生まれた。幼名は庫太(くらた)。  母の名は佐藤まさ。この母は、土方歳三の父・土方隼人の妹にあたる。…
  • 土倉庄三郎 日本を吉野から動かした山林王・造林王

     土倉庄三郎(どくら-しょうざぶろう)は、大和の吉野郡大滝村(奈良県吉野郡川上村大滝)で、山林地主で林業を営む土倉庄右衛門の子として、1840年4月10日に生まれた。  母の名は京で、幼名は、丞之助。 (さらに&h…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着記事

  1. 幕末の函館戦争北海道・木古内のサセキ岬で沈没した咸臨丸(かんりんまる)に関してです。 咸臨丸は…
  2. 嘉納治五郎(かのう-じごろう)は、兵庫県神戸市東灘区御影町の名家にて1860年10月28日に3男とし…
  3. 旧吉田茂邸(きゅうよしだしげるてい)は、内閣総理大臣を務めた吉田茂(1878年~1967年)が暮らし…
  4. 松平直諒(まつだいら-なおあき/なおよし)は、出雲広瀬藩の第8代藩主・松平直寛の長男として、1817…
 スポンサーリンク

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る