タグ:民権運動

  • 桂太郎~日本の近代史において大きく関わった陸軍ばたけの元長州藩士

     桂太郎(かつら-たろう)は、萩城下の平安古にて、1847年11月28日に生まれた。  父は、長州藩士・馬廻役(上士)の桂與一右衛門(125石)で、その嫡男。名は清澄、号は海城、幼字を寿熊・左中と称した。  母は長州…
  • 佐藤彦五郎(詳細版) 幕末に新選組を支援した日野宿の名主

     佐藤彦五郎(さとう-ひこごろう)は、多摩の日野本郷名主である下佐藤家・佐藤半次郎の嫡男として、1827年9月25日に生まれた。幼名は庫太(くらた)。  母の名は佐藤まさ。この母は、土方歳三の父・土方隼人の妹にあたる。…
  • 土倉庄三郎 日本を吉野から動かした山林王・造林王

     土倉庄三郎(どくら-しょうざぶろう)は、大和の吉野郡大滝村(奈良県吉野郡川上村大滝)で、山林地主で林業を営む土倉庄右衛門の子として、1840年4月10日に生まれた。  母の名は京で、幼名は、丞之助。 (さらに&h…
  • 福田英子 女性解放運動の先駆者

     岡山藩の武士である景山確(たかし)の娘(2女)として、岡山の野田屋町にて1865年11月22日に生まれた。母の名は楳子(うめこ)。  旧姓は景山英子。  当時の景山家は池田家の家老に仕える下級武士で、17俵2人扶持…
  • 田中正造と足尾銅山鉱毒事件

    田中正造は、1841年、安蘇郡小中村(現栃木県佐野市小中町)の名主・田中富蔵の家に生まれた。母の名はサキ。幼名は兼三郎(かねさぶろう)。 儒家・赤尾小四郎の塾で学び、17歳で父の跡を継いで小中村の名主となると、23歳の…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着記事

  1. 吉田東洋(よしだ-とうよう)は、幕末の土佐藩にて、藩政改革を指導した土佐藩の上士(上級藩士)です。 …
  2. 1941年12月8日、日本の連合艦隊の機動部隊による真珠湾攻撃によってアメリカとの戦争が始まった。 …
  3. ペリー来航で日本は開国した。皆が持つ大体のイメージである。しかしあれは本当に開国だったのか? 本当…
  4. 三島弥彦(みしま-やひこ)さんは、日本人で初めてオリンピックに出場した陸上競技の選手です。 三…
 スポンサーリンク

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る