西郷頼母 (1) 幕末の動乱期に藩主・松平容保支えた会津藩家老


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 西郷頼母(さいごうたのも)1830年3月24日~1903年(明治36年)4月28日

 西郷頼母は、菊池氏族西郷氏で江戸時代後期~幕末期の会津藩の家老。


 西郷家の会津藩での家禄は1700石。父は江戸詰家老の西郷近思(ちかし)、母は律子(小林悌蔵の次女)、兄弟は多数いるが、妹・西郷眉寿子、西郷由布子などがドラマなどで良く知られる。
 妻は飯沼千重子。子は二男五女もうけ、長女・西郷細布子、次女・西郷瀑布子、長男・西郷吉十郎有鄰(ありちか)、三女・西郷田鶴子、次男・西郷五郎(夭逝)、四女常盤子、五女・西郷季子。
 家紋は鷹の羽で、保科家の九曜紋も許されていた。西郷家の邸宅は会津若松城のすぐ北側・鶴ケ城北出丸追手通りにあった。

 西郷氏の由来は、もともと「西の郷」を納めた者の名として、全国各地に「西郷氏」が、いくつも生じたと考えられる。
 逆に例えると、東の郷を収めた豪族の名として「東郷氏」がいるが、東郷氏も各地で発生している。
 西郷頼母の西郷家は、そのうちの室町時代、九州の仁木氏の家臣であり、仁木氏が三河の守護代として移った際に、西郷家も九州から移り住んだ。(三河西郷氏)
 その後、戦国時代には松平家に臣従し、徳川政権下では御三家や有力譜代の家臣へと派生したのである。
 会津藩での西郷家は その傍流の1つで、初代の西郷頼母助近房以来200年間余り代々、会津藩松平家の家老を務め西郷頼母で9代目であった。

 薩摩にも有名な西郷隆盛と言う、別筋の西郷氏もいるのだが、実は、西郷隆盛の西郷氏は、仁木氏に従わずに、九州に残った西郷氏の1つであると考えられ、500年前の先祖は同じ血筋(非常に遠い親戚)だったとも考えられる。
 
 西郷頼母は幼少の頃から学問を好み、剣は溝口派一刀流を学んだ。また、甲州流軍学を極め<em>大東流合気柔術</em>の後継者でもあった。
 ※<em>大東流合気柔術</em>に関しては、コメント欄にお寄せ頂きましたご意見も公開中

 父・西郷近思が江戸詰のために江戸で過ごすことが多く、22歳で番頭になった頃、飯沼千恵子を妻に迎えている。
 1857年、父・西郷近思が隠居すると西郷頼母は家督と、会津藩の家老職を継いだ。その後、父・西郷近思は1860年に死去。(享年55)
 1862年、会津藩主・松平容保に徳川幕府は京都守護職への就任を要請。
 はじめ松平容保や西郷頼母ら家臣は、京都守護職就任を断わる方針になったが、政事総裁職・松平春嶽が会津藩祖・保科正之が記した『会津家訓十五箇条』の第一条「会津藩たるは将軍家を守護すべき存在である」を引き合いに出すと、押し切られる形で松平容保は就任を決意。
 西郷頼母は留守家老として会津にいたが急遽、国家老・田中土佐とともに江戸へ上り、松平容保に京都守護職辞退を進言したため、松平容保の怒りを買う。
 京都守護職に就任した松平容保は、会津藩兵を率いて上洛し孝明天皇に拝謁。新撰組を麾下に置いて会津藩士ともども尊攘派志士の取り締まりや京都の治安維持を担った。
 西郷頼母は、一貫して京都守護職を辞めるよう「禁門の変」の直前にも上京してまで藩士に帰国を説くなどしたため、藩主・松平容保は、西郷頼母の家老職を解任し蟄居処分とした。西郷頼母は会津若松の東北舟石下の長原村に自ら幽居し「栖雲亭」 と名づけた庵で約5年過ごしたようだ。

 藩主・松平容保は、会津藩を頼りとしている旨が記された「御宸翰(ごしんかん)」を孝明天皇より賜ってもいたが、その孝明天皇が1865年12月に崩御。
 その後、薩長同盟を締結していた薩摩藩・長州藩との対立が激化し、1867年に15代将軍・徳川慶喜が大政奉還を行い、江戸幕府が消滅すると同時に、京都守護職も廃止された。
 そして、王政復古を経て鳥羽・伏見の戦いにより戊辰戦争が勃発した。

 1868年1月2日、会津藩は鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍の主力として参戦。この時、西郷頼母は松平容保から家老職復帰を許され、松平喜徳の執事となり、江戸の会津藩邸に入る。
 会津藩は旧幕府勢力の中心と見なされ、新政府軍の仇敵となった。この戦いで、明治天皇を奉じる新政府軍により、会津藩には孝明天皇よりの御宸翰(天皇直筆の手紙)があったにもかかわらず朝敵とされたのである。
 鳥羽伏見の戦いのあと、徳川慶喜が新政府に対して恭順を行うと、会津藩士や松平容保が江戸を完全に引き払い、会津に向かう際には、西郷頼母が江戸藩邸の後始末を命じられ、遅れて会津へ帰還。
 松平容保は会津へ帰国すると、家督を養子の松平喜徳へ譲り謹慎。この頃、西郷頼母を含む主な家老、若年寄たちは、松平容保の意に従い新政府への恭順に備えていたが、新政府軍の中でも強硬派の世良修蔵は「松平容保親子の斬首」を要求し、態度を一変した。

 新政府軍の西郷隆盛と勝海舟の会談により江戸城が無血開城すると、新政府軍は上野戦争で彰義隊を駆逐し江戸を制圧。そして、東北地方へ進軍した。
 仙台藩、米沢藩など東北諸藩は会津藩に同情的で、会津藩赦免の嘆願を行う一方、奥羽越列藩同盟を結成し結束を強める。

スポンサーリンク



 いよいよ、新政府軍による会津攻めが現実味を帯びてくる。
 まず、会津に新政府軍を入れない為には、白河で食い止める必要性があり、松平容保は西郷頼母に白河口の総督(司令官)を命じ、西郷頼母は4月20日に白河に向けて出発している。
 この時、白河藩は改易で幕府直轄となり二本松藩預かりとなっていた為、白河城は二本松藩兵が守備していたが、会津藩としては白河城を1868年閏4月20日に占領。会津藩兵(青龍隊等)と新選組(山口二郎(斎藤一)が指揮)は、手薄な白河城南方の防備を固めるため、白坂口と棚倉口の小山や丘に兵を入れて防御態勢をとった。
 同じ1868年閏4月20日、武力制圧を唱え松平容保親子の斬首を要求していた強硬派の世良修蔵は、福島滞在中に仙台藩士の襲撃を受け、斬首された。これをきっかけに新政府軍が本格的に東北攻略を進める。
 新政府軍は参謀・伊地知正治、部隊長・野津鎮雄、川村純義の率いる薩摩兵中心で白河城を攻撃。
 25日に新政府軍は白坂口へ奇襲をかけたが会津藩兵はこれを撃退している。
 そして、26日に白河口総督として西郷頼母と、副総督・同若年寄・横山主税が白河城に入場。仙台藩、棚倉藩、二本松藩の支援部隊も到着し奥羽越列藩同盟の兵力は2000を超えた。山口二郎や純義隊の宮川六郎らは白坂口の防衛を献策したが、西郷頼母は「兵力で勝っており不要である」として却下している。
 新政府軍は約700で5月1日に白河城へ攻撃を開始。武器の能力、作戦的にも新政府軍の方が勝り、列藩同盟は横山主税が銃撃され戦死するなど幹部多数を失い、約700名の死傷者を出した上に白河城を新政府軍に奪われた。新政府軍の死傷者は20名前後と伝えられ、新政府軍の圧勝に終わっている。

 列藩同盟軍は再び白河城を攻略するべく画策し、ようやく兵力の再集結を終え、5月26日に約2000の兵力にて白河城へ総攻撃を掛けた。
 雨中で両軍とも小銃の着火に手間取ったが、列藩同盟軍は旧式の小銃が多く、戦力に大きな差が生じていた。
 列藩同盟軍はさらに27日、28日と連続して攻撃をかけたが、新政府軍はこれを撃退している。
 6月に入ると、板垣退助率いる土佐藩兵や江戸の薩摩藩兵が白河城へ増援されたが、列藩同盟軍にも来るはずの増援は一向に到着しなかった。しかし、列藩同盟軍は6月12日、6月25日、7月1日と攻撃を続けるも失敗し、7月2日、西郷頼母が総督を罷免され、後任として内藤介右衛門が総督に就くも列藩同盟軍の白河城への攻撃は7月14日が最後となり、当初、戦力でも優勢だった列藩同盟軍は、唯一戦争経験がある会津藩でもこの白河口での敗北した事によって勝機を失い、東北戦争の大勢は決した。
 西郷頼母の弟・西郷永四郎もこの白河口の戦いで傷を負い死去している。(享年18)
)

 → 西郷頼母(2) 会津藩家老として新政府軍と戦うも惨敗 明治の頼母は? に続きます

スポンサーリンク


関連記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク
ページ上部へ戻る