カテゴリー:新選組

  • 近藤周助 天然理心流3代目であり近藤勇の養父

     近藤周助(こんどう-しゅうすけ)は、1792年に名主・嶋崎休右衛門の5男として生まれた。  幼名を関五郎、その後、嶋崎周平、嶋崎周助と嶋崎周助と改名。 (さらに…)…
  • 土方歳三の愛刀「和泉守兼定」

    12代・和泉守兼定(いずみのかみ-かねさだ)による土方歳三の愛刀は2尺3寸1分6厘。 会津の名刀匠である兼定は、会津御抱鍛冶であり、会津藩主・松平容保の上洛に従って、京都で刀を作っていた。 ただし、京に行っていた…
  • 小島資料館 新選組ゆかりの地である町田・小野路

    試衛館時代の近藤勇・土方歳三・沖田総司らが、度々出稽古に訪れていた小野路(東京都町田市)の名主が、この小島鹿之助さんでした。 収入が乏しかった試衛館にとって、出稽古は貴重な収入源でもありました。 (さらに&hell…
  • 土方歳三資料館と石田寺(土方歳三の墓)の攻略法・行き方

    東京都日野市の国道20号の日野バイパス近く、多摩モノレールの「万願駅」からほど近いところに「土方歳三資料館」があります。 そうです。新選組の副長として京だけでなく、近藤勇の死後も、会津・函館と旧幕府軍にて戦い抜いた…
  • 土方歳三と近藤勇の出会いはいつだったのか?検証してみた

    新選組の副長・土方歳三と、局長・近藤勇。 若きリーダーである近藤勇を、一番良く理解した土方歳三が支えたと言う。 普通に新選組を語るのであれば、局長であった近藤勇が先に来て「近藤勇と土方歳三」と言う風になると存ずる…
  • 山南敬助 切腹した本当の理由は?その謎に迫る

     山南敬助(やまなみけいすけ/さんなんけいすけ)は、1833年に生まれたとされる。  仙台出身と言うが、藩士で脱藩したとも諸説あり、生い立ちについては不明だ。  1833年生まれの幕末志士などには、大鳥圭介、桂小五郎…
  • 沖田総司 剣豪にして陽気な明るさを持った天才剣士・沖田総司とは?

    沖田総司とは 沖田総司(おきたそうじ)は、陸奥・白河藩士・沖田勝次郎(足軽頭)の嫡男として、江戸の白河藩邸(東京都港区西麻布)にて生まれた。 生年に関しては、1844年、又は1842年のどちらかと言う説があり、生…
  • 近藤勇とは~新選組局長として徳川幕府に尽くした生涯

    近藤勇(こんどういさみ)は、武蔵国多摩郡上石原村(現在の東京都調布市野水1丁目)の豪農・宮川久次郎の3男として、1834年10月9日に生まれた。幼名は勝五郎。 父・宮川久次郎には、宮川勝五郎の他に、長女・宮川リエ、長男…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着記事

  1. 高田屋嘉兵衛(たかたや-かへえ)(1769年1月1日~1827年4月5日)は、江戸時代後期に蝦夷地・…
  2. 北海道函館市にある箱館要塞跡の砲台跡です。 今でこそ、夜景で有名な函館山ですが、明治に入ると函館山…
  3. 宇須岸館 宇須岸館(うすけし-やかた)は、宇須岸河野館、箱館(はこだて)とも呼ばれる館跡です。…
  4. 幕末の英雄と評価される「坂本龍馬」に関する記述や龍馬年表などの資料は多数ある。 また小説や映画・ド…
 スポンサーリンク

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る