カテゴリー:新選組

  • 井上源三郎 腕より人柄・新選組を支え散った源さん

     井上源三郎(いのうえ-げんざぶろう)は、武蔵の日野宿北原(東京都日野市日野本町)に住む、八王子千人同心頭を世話する井上藤左衛門の3男として、1829年3月1日に生まれた。  母の名は不詳。  長兄は、井上平助。次兄…
  • 佐藤彦五郎(詳細版) 幕末に新選組を支援した日野宿の名主

     佐藤彦五郎(さとう-ひこごろう)は、多摩の日野本郷名主である下佐藤家・佐藤半次郎の嫡男として、1827年9月25日に生まれた。幼名は庫太(くらた)。  母の名は佐藤まさ。この母は、土方歳三の父・土方隼人の妹にあたる。…
  • 大國魂神社(六所宮)と近藤勇の襲名披露試合

     武蔵の国府が置かれた頃の中心地と考えられる大國魂神社(六所宮)の歴史はかなり古いと考えられています。  そんな大國魂神社(六所宮)で、近藤勇は、土方歳三、沖田総司、井上源三郎、山南敬助、井上松五郎(井上源三郎の実兄)…
  • 近藤勇の生誕地(生家)跡と龍源寺にある近藤勇の墓(調布野水)

     新選組・局長の近藤勇は、武州多摩郡上石原村(現在の調布市)で生まれました。  富農・宮川久次郎の子ですね。  現在、人見街道沿いに、生家跡として産湯に使用したとされる古井戸と、昭和に建立された近藤神社があります…
  • 土方歳三の菩提寺である高幡不動尊

     鎌倉時代に建立された国の重要文化財である「不動堂」を始め、2万点にも及ぶ貴重な文化財・寺宝を有する、真言宗智山派・別格本山が、金剛寺・高幡不動尊です。  交通安全の神様として有名で、初詣で客は30万人訪れる人気のパワ…
  • 近藤周助 天然理心流3代目であり近藤勇の養父

     近藤周助(こんどう-しゅうすけ)は、1792年に名主・嶋崎休右衛門の5男として生まれた。  幼名を関五郎、その後、嶋崎周平、嶋崎周助と嶋崎周助と改名。 (さらに…)…
  • 土方歳三の愛刀「和泉守兼定」

     12代・和泉守兼定(いずみのかみ-かねさだ)による土方歳三の愛刀は2尺3寸1分6厘。  会津の名刀匠である兼定は、会津御抱鍛冶であり、会津藩主・松平容保の上洛に従って、京都で刀を作っていた。  ただし、京に行っ…
  • 小島資料館 新選組ゆかりの地である町田・小野路

     試衛館時代の近藤勇・土方歳三・沖田総司らが、度々出稽古に訪れていた小野路(東京都町田市)の名主が、この小島鹿之助さんでした。  収入が乏しかった試衛館にとって、出稽古は貴重な収入源でもありました。 (さらに&he…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着記事

  1. 文藝春秋より出版されている百田尚樹さんの小説「幻庵」と言う人物に関して調べてみました。 幻庵(…
  2. 日本の近代の始まりである明治時代が到来すると、様々な近代型の法律が作られたが、その中には、「神社や寺…
  3. 1898年、東京・上野公園に建てられた西郷隆盛銅像は、今も観光名所の一つとして、またランドマークとし…
  4. 日本最後の内戦となった西南戦争(西南の役)で最大の激戦地となった「田原坂」(たばるざか)をご紹介申し…
 スポンサーリンク
ページ上部へ戻る