カテゴリー:水戸藩

  • 黒沢五郎  英国仮公使館襲撃・坂下門外の変 (水戸藩士)

     黒沢五郎(くろさわごろう)は幕末の水戸藩士で、1833年生まれ。名は黒沢保高。変名は吉野政介。  父は水戸藩の藩医・黒沢俊平。 (さらに…)…
  • 小田彦三郎  坂下門外の変 (水戸藩士)

     小田彦三郎(おだひこさぶろう)は、幕末の水戸藩士で1833年生まれ。名は朝儀。変名は朝田儀助。  公武合体のため皇女・和宮の降嫁を許可した孝明天皇の退位を、老中・安藤信正らが考えているとの噂を聞いた、水戸浪士・平…
  • 平山兵介  坂下門外の変 (水戸藩士)

     平山兵介(ひらやまひょうすけ)は水戸藩士で1841年生まれ。名は平山繁義。  一刀流の達人で、1858年に水戸藩に降りた密勅の返上を求めた徳川幕府に反発。  1860年7月には、水戸藩の西丸帯刀・野村彝之介・住…
  • 住谷寅之介  水戸藩士・日本で最後の仇討

     住谷寅之介(すみやとらのすけ)は、水戸藩士・住谷長太夫(100石)の長男として1818年に生まれた。名は信順。変名は小場源介、加藤於菟之介。  母は坂場意時の娘。弟に住谷悌之介がいる。 (さらに…)…
  • 野村彝之介 水戸藩士

     野村彝之介(のむらつねのすけ)は、1824年生まれの水戸藩士。  父は野村則行。母は石川喜昌の娘で、その長男。  家禄は100石で、水戸藩では北郡奉行を務め、尊王尊攘運動に参加した文武両道の人物であった。 (さ…
  • 西丸帯刀  尊王攘夷を唱え丙辰丸の盟約を交わした水戸藩士

     西丸 帯刀(さいまる たてわき)は常陸国北部磯原村(現・茨城県北茨城市)の旧族郷士・野口北水の次男として1822年に生まれた。幼名は義勝、諱は亮、号は松陰。  野口家は徳川綱條の代に野口市蔵が郷士になっていた。 …
  • 徳川慶篤  天狗党を活かせなかった水戸藩主

     徳川 慶篤は、水戸藩主・徳川斉昭の嫡男として、1832年5月3日に水戸藩上屋敷にて生まれる。幼名は鶴千代麿。  母は登美宮吉子女王。  父・徳川斉昭は尊王攘夷派で、積極的に水戸藩の藩政改革や、軍事力の近代化を図…
  • 田中愿蔵 天狗党・筑波山の麓にある普門寺から出陣

    水戸天狗党の乱は、筑波山挙兵に始まった。 藤田小四郎(藤田東湖の四男)は、幕府に即時鎖港を要求するため、非常手段をとることを決意。 北関東各地を遊説して軍用金を集め、元治元年3月27日(1864年5月2日)、筑波…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着記事

  1. 吉田東洋(よしだ-とうよう)は、幕末の土佐藩にて、藩政改革を指導した土佐藩の上士(上級藩士)です。 …
  2. 1941年12月8日、日本の連合艦隊の機動部隊による真珠湾攻撃によってアメリカとの戦争が始まった。 …
  3. ペリー来航で日本は開国した。皆が持つ大体のイメージである。しかしあれは本当に開国だったのか? 本当…
  4. 三島弥彦(みしま-やひこ)さんは、日本人で初めてオリンピックに出場した陸上競技の選手です。 三…
 スポンサーリンク

メールでお知らせ

メールアドレスを記入して購読すれば、新規記事追加をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る